日本料理を食らう。一風堂の博多ラーメンについて

食べもの:一風堂の赤丸新味ラーメンと餃子セット

費用:950円

今日もラーメンを食べにやってきましたよ。株式会社力の源カンパニーが手がける一風堂。シンプルな豚骨ベースの白丸と、辛味味噌と焦油を加えた赤丸を両軸として、店舗によって醤油や塩なども提供する。私はいつも赤丸をセレクトしている。

株式会社力の源カンパニーは関東にも既存のラーメン業態だけでなく居酒屋業態も出店ラッシュ、年商291億円まであった売上が、2020年165億円と大きく落ちこんでいる。SDGs(持続可能性)にも力を入れており、子供に対する食育や自社ブランドの商品をプラントベースで再開発、他にも大分県くしふるの大地で辛子高菜の原料となる高菜の生産を行っている。

無料のトッピングが多い事やラーメン一杯の見栄えが華やかなため一蘭さんよりは好んで足を運んでる。無料のトッピングは小皿に盛り放題でもやし、辛子高菜、紅生姜を好きなだけ。

さぁきましたよ。もちろんバリカタである。

赤丸ラーメン

赤丸ラーメンについては、暖暮に比べると豚骨臭は少し弱いが、濃くについては焦油と辛味が合わさり食をそそる。個人的には麺が好きである。小麦を独自ブレンドをしていることで細麺の中でもコシがあり、喉越しがよく食べられる。シンプルの中に奥行きを感じる一杯となっている。ただ価格においては、ラーメンと替え玉をするだけで1000円を超えてしまう価格は、もう少し勝負をしてほしい。これから売上が落ち込んだ2022年今期にかける想いは強く、勝負年になるはずである。

それでは(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。