インド料理を食らう。ビリヤニ編

先週の土曜日にインド料理ビリヤニを料理した。インドやバングラデシュでラマダン明けなどのお祭りの際に出るのがこれ。日本でもインド料理屋に行っても注文できるお店は限られており、事前予約が必要だったりする。

なんとなくカレーとご飯のチャーハンな見た目とは裏腹、非常に大変だったので、報告したい。

<調理時間:目安3時間>

バスマティライスを買った。kg800円ほど。約6合分。うーんちょい高いですね。スリランカ産でした。これもなかなかレアでKALDIさんとかには見当たらず、輸入食材店でも現地在住の方向けのガチ専門店で購入。

使用したものは4合分

沸騰したお湯で、米4合、クローブ10粒、シナモンパウダー大さじ1、カルダモンシード10粒、ベイリーフ5枚と塩小さじ3でお鍋で煮込む。これ5分ぐらいでアルデンテになる。茹で上がったら、湯を切って放置する。

ギーは手に入らないので、バターを大さじ3準備します。生姜ひとかけ、ニンニクチューブ大さじ2、エシャロット微塵切り大さじ3、ターメリックパウダー大さじ2、ガラムマサラ大さじ1で炒め合わせる。こんな色です。

ヨーグルトと牛乳を2:1(合計:200gと100cc)の割合を準備し、さらに炒め合わせる。

ビルヤニはチキンだったり、マトンが一般的で今回はチキンをチョイス。

鳥もも肉600g ※骨付き肉の方が現地っぽいです。

肉を一口大に切って、肉の色が変わるためで炒めて、香菜50gとミントの葉10gと塩小さじ3と水を1カップ、そして今まで作ったスパイス達で軽く煮込む。5分ぐらいかな。

ここからがラストスパート!

大鍋に放置したお米と炒め合わせた肉を交互に層になるようにして敷き詰めます。下から米、炒めた肉、米、炒めた肉、米と層にしました。

ごく弱火で30分蒸す、さらには15分放置で蒸らす。はい終了です。

ふぅ。。。お疲れ様でした。少し混ぜると色がまばらになっていると思いますが、これが現地色。本当はカシューナッツやレーズンや玉ねぎ千切りを揚げて挟むと尚良いです。

うますぎる・・

ヨーグルトライタや、他の野菜もカレー粉で炒めて混ぜ混ぜして食べるとさらに美味しいです。

それでは、また(^ ^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。